不妊治療や出産のために必要な妊娠初期やその他の知識

もうすぐ赤ちゃんに会える

レディー

臨月になると、もうすぐ赤ちゃんに会える楽しみと共に、出産に対しての不安などもわいてくる頃です。出産に向けて胎児が下がって来ることで、骨盤周辺の痛みやトイレが近くなるなどの症状が現れます。いつ生まれてもいいように、出産準備をしておきましょう。

妊娠したいカップルに人気

サプリ

妊活マカは妊娠したいカップルに大変人気があります。マカは昔から体調を整えるために使われてきました。実際、女性ホルモンが整ったり、血流が良くなり体の調子が良くなる人が多くいます。注意すべき点には注意し、正しく使用しましょう。

母体と胎児に大切な時期

ウーマン

妊娠が分かりにくい頃

妊娠中は女性の体にたくさんの変化が訪れる時ですが、特に妊娠したばかりの妊娠初期の頃は女性ホルモンの影響を多く受けいろいろな変化があります。妊娠初期は妊娠15週までの期間のことを言います。もしかして妊娠したのかもしれないと多くの方が思い始めるのが、生理が予定日から遅れはじめる頃からでその頃には妊娠4週になっています。妊娠4週頃になると早い人はつわりの症状が出始めます。その頃には妊娠を継続するための女性ホルモンの分泌が多くなり、そのホルモンの影響を受け、つわりの他にも熱っぽさや眠気、腰痛や頭痛などの症状が出やすくなります。風邪の症状と似ている部分も多くあり、はじめは風邪かもしれないと勘違いする方は多くいます。妊娠かどうか判断がつかない時は、妊娠5週目から妊娠検査薬確実に分かるので生理予定日から1週間後ぐらいにやってみるのがおすすめです。

胎児を育てるために

妊娠初期の頃に気をつけなければならないことは、飲酒と喫煙を避け、なるべく葉酸をとるようにすることです。妊娠中に体を動かしすぎて流産を心配する方が多くいますが、妊娠初期の流産は母体の体を動かしすぎて起こることはありません。妊娠初期の流産の原因は、受精卵の染色体の異常で起こることがほとんどです。自分のせいではないかと思ってしまう方がいますが、そうではないことを認識しておく必要があります。妊娠初期の頃は、胎児の体にとってとても大切な部分が多く形成される時期です。胎児の体の大切な部分を形成するために、葉酸は大きな助けとなる栄養です。妊娠を希望している方は妊娠前から摂取しておくと良いです。また体の中で胎児がどんどん成長している影響とホルモンの影響を受け、母体は疲れやすくなっているので、いつもより多めに睡眠をとるなどの対策をとると良いです。

ホルモンバランスの安定化

栄養補助食品

妊活サプリとしては酵素マカが配合されたものが人気となっています。酵素マカにはホルモンバランスを整える効果があり、ホルモンバランスが整えられることで妊娠しやすい身体となります。サプリメントの目的から考えると食事中に飲むのが一番有効です。